Browse

Browse

Browse

Detailed Information

敎材集 1972 v.1

Title 
敎材集 1972 v.1
Corporate Author 
대한무역진흥공사 輸出學校
Issue Date 
1972
Publisher 
대한무역진흥공사 (KOTRA)
Table Of Contents 
一. 總説
1. 貿易去来의 制定経緯
2. 法制定의 主要動機
3. 現行貿易 関係法規
4. 貿易管理의 目的
5. 貿易管理의 国際的인 動向
6. 貿易自由化의 傾向
7. 貿易管理機構의 職務

二. 各論
1. 定義
2. 輸出入業의 許可
3. 輸出入의 期別公告
4. 輸出入許可 및 承認
5. 輸出入 物品価格 調査
6. 物品賣渡確約書
7. 担保物預置
8. 輸出入有効期間
9. 輸出代金의 回收
10. 輸出奨励
11. 其他

外国換管理法
一. 外国換의 定義
二. 外国換管理의 概念
三. 外国換管理의 沿革
四. 外国換管理法의 主要內容
1. 目的과 制限의 緩和
2. 適用対象
3. 居住性
4. 換率
5. 指定通貨
6. 外国換銀行
7. 換錢商
8. 外国換審議委員会
9. 外国需給計劃
10. 外国換平衡基金
11. 外国換의 集中
12. 制限과 禁止
13. 正常決済方法
14. 海外旅行経費
15. 資本去来
16. 外国換去来担保金
17. 検査
18. 事後管理
19. 其他

關税法
第一章 関税의 基礎理論
第一節 関税의 意義
第二節 関税의 機能
第三節 関税의 種類
1. 輸入稅, 輸出稅, 通過稅
2. 財政関税와 保護関税
3. 從価稅, 從量稅, 混合稅
4. 国定関税와 協定関税
5. 特許関税
第4節 弾力関税制度
1. 意義와 必要性
2. 弾力関税制度의 種類
3. 運営
第二章 関税의 賦課 徵收 免除
第一節 関税의 賦課
1. 課稅物件(課稅客体)
2. 納稅義務者(賦課主体)
3. 課稅標準(課稅価格)
4. 関税率
第二節 関税의 徵收
1. 納稅의 告知(納付命令)
2. 関税의 納付
3. 関税의 強制徵收
4. 関税担保의 提供
5. 関税의 消滅時効
第三節 関税의 減免
1. 減免의 意義와 目的
2. 減免의 種類
1. 外交官 免稅
2. 特定用途 免稅
3. 再輸出條件 免稅
4. 無條件 免稅
5. 特殊物品 免稅
6. 輸出支援制度
7. 損像減免
8. 再輸入 減免稅
3. 徵收猶豫制度
第3章 通関節次
第1節 輸入通関節次
1. 物品의 保税区域 搬入
2. 輸入申告
3. 申告書類의 審査
4. 検査鑑定
5. 関税의 賦課와 徵收
6. 輸入免許
7. 物品의 搬出
8. 輸入免許前 搬出
9. 輸入의 規制와 禁止
10. 特殊物品의 輸入通関節次
第2節 輸出通関節次
1. 概要
2. 一般輸出通関節次
1. 保税区域에의 物品搬入
2. 輸出申告
3. 申告書類의 審査
4. 検査鑑定
5. 輸出免許
3. 原資材 通関節次
1. 総論
2. 原資材 輸入承認
3. 関税의 免除와 担保提供
第三節 返送節次
第四章 関税法上의 行政救濟制度
第一節 総說
第二節 訴願의 提起
第三節 訴願의 審理와 裁決
第四節 関税訴願委員会
第五章 保税制度의 意義
第一節 保税制度의 意義
第二節 保税制度와 類似한 制度
第三節 保税制度의 種類
第四節 保税区域
1. 保税区域의 意義
2. 保税区域의 種類
3. 特定保税区域
4. 物品의 搬出入申告
第五節 特許保税区域
1. 意義
2. 設営特許, 特許取消, 特許喪失
3. 特許保税区域의 種類
1. 保税蔵置場
2. 保税倉庫
3. 保税工場
4. 保税展示場
5. 保税建設場
第6節 蔵置期間経過物品의 処理
第七節 保税運送制度
1. 保税運送制度의 意義
2. 保税運送節次
3. 指定運送人에 의한 運送特例
第八節 自由港制度
1. 意義
2. 自由港의 種類
3. 馬山輸出自由地域
第六章 運輸機関
第一節 運輸機関의 意義
第二節 運輸機関의 入出港
1. 開港과 不開港
2. 入港節次
3. 出港節次
第三節 物品의 積載, 下船, 移積, 交通
1. 荷役
2. 港外荷役
第四節 船用品 또는 機用品의 積載
第五節 価格変更
第七章 関税刑罰
第一節 総說
1. 関税犯의 意義
2. 関税刑罰의 特殊性
3. 関税刑罰과 刑法總則과의 関係
第二節 各説
1. 禁止品 輸出入罪
2. 関税포탈죄
3. 無免許輸出入罪
4. 関税臟物罪
5. 秩序犯
第3節 関税犯의 調査
第4節 関税犯의 処分
1. 概念
2. 関税法上 刑의 種類
3. 通告処分
4. 告発処分
5. 押收物品의 還付 및 国庫帰属措置

國際貿易關稅協力
Ⅰ. GATT(関税와 貿易에 関한 一般협정)
Ⅱ. 関税協力理事会(C.C.C.=Costome Co-opeiotion Conncil)
Ⅲ. 国際聯合通商開発会議(UNCTAD=United Nations Conference on Trade and Development)
Citation 
K XIII GJ 72, 412 p. ;
URI 
http://125.131.31.47/Solars7DMME/004/72敎材集_v1.pdf
Language 
kor
Subject 
수출학교교재 - 대한무역진흥공사
Appears in Collections
08. 기타 > 1972

qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.