Browse

Browse

Browse

Detailed Information

東南亞 國家 聯合의 外資導入政策 :資源確保를 爲한 對東南亞 地域 民間投資 案內

Title 
東南亞 國家 聯合의 外資導入政策 :資源確保를 爲한 對東南亞 地域 民間投資 案內
Corporate Author 
大韓貿易振興公社
Issue Date 
1974
Publisher 
大韓貿易振興公社 (KOTRA)
Series/Report No. 
貿公資料; 13-36
Table Of Contents 
[지도]

머리말 / 地域調査部長

第一章 要約編
1. 趣旨
2. 記述範囲
3. 外国投資의 利害得失
4. ASEAN会員国의 外資政策
5. 外国投資에 対한 基本特恵事項

第二章 필리핀
1. 主要 経済指標
2. 主要資源埋
3. 槪観
4. 外資導入 基本政策
1) 積極的 장려책
2) 投資 範疇
3) 特殊 目標
4) 간소화된 諸節次
5) 장려方案
5. 外国投資의 諸 特性
1) 外国投資의 財源과 形態
2) 産業部門別 分布상태
3) 立地와 分散
4) 内国人持分과 其他 金融(local equity and other financing)
5) 資本回収와 기타 貿易外 収支 問題
6) 雇傭, 訓練, 技術과 経營
7) 生産과 附加価値
8) 輸出実績과 輸入
6. 工業投資 奨励策
1) 根本的 奨励 : 会計上의 誘因(incentive)
2) 非課稅 恵択
3) 投資誘致를 위한 特別 奨励
4) 輸出 振興
7. 外国投資家에 対한 障碍 義務 및 制限
1) 振興制度에 있어서 義務 및 欠点
2) 外国投資에 対한 当局의 制限
8. 資源開発 参与可能性 및 経済協力強化方案

第三章 말레이시아
l. 主要経済指標
2. 주요 자원현황
3. 槪観
4. 外資導入基本政策
l) 特徵
2) 政策目的 및 工業化目標
3) 戰略과 增進策
4) 投資優先 工業分野
5) 投資增進活動
6) 外資誘致法
7) 社会間接資本의 改善
8) 手続節次의 蕳素化와 官僚主義排擊
9) 外資의 有益性
5. 外国投資現況
6. 外国投資樣態
7. 工業投資增進策
1) 基本特惠内容
2) 非課稅保護策
8. 投資且害要因 및 規制事項
1) 投資与件의 不利性
2) 規制事項
9. 資源開発參与可能性 및 経済協力強化 方案

第四章 싱가폴
1. 主要経済指標
2. 慨観
3. 外資導入 基本政策
1) 当面課題
2) 代表的인 奨励策
4.外国人 投資의 樣態
1) 財源 및 形態
2) 産業페턴
3) 雇傭, 訓練, 技術 및 管理
4) 附加価値 및 生産高
5) 輸出入 및 国内需要
5. 工業投資增進策
1) 金融特恵
2) 非課稅措置
3) 特別振興策
4) 輸出業體에 対한 奨励策
6. 投資沮害要因 및 規制内容
1) 投資与件의 不利性
2) 義務 및 制限事項
3) 外国投資에 対한 公式 規制事項
7. 経済協力関係強化方案

第5章 인도네시아
1. 主要 經済指標
2. 主要 資源現況
3. 槪観
4. 外資導入基本政策
1) 投資保障
2) 投資優先業種
3) 租稅의 減免
4) 投資節次
5) 관활행정관서
5. 工業·投資增進策
1) 基本增進策
2) 非課稅奨励策
3) 特恵事項
6. 外國投資의 規模와 樣態
7. 外換管理制度
8. 投資沮害要因 및 規制内容
9. 資源確保 및 經済協力強化方案

第六章 泰國
1. 主要經済 指標
2. 資源現況
3. 槪観
4. 外國投資誘致政策
1) 特殊政策
2) 施行方法
3) 管理行政上의 問題点
4) 外国資本에 対한 制限
5. 外國人投資의 特色
1) 外國資本導入先
2) 外國投資의 樣態
3) 非振興対象인 外國投資源
6. 工業投資를 振興시키기 爲한 支援策
1) 基礎的인 振興策 : 財政支援
2) 稅制以外의 投資振興策
3) 投資誘致를 爲한 特殊支援
4) 輸出 支援
7. 外國人投資의 義務와 障碍要素
1) 沮害要因
2) 振興體制에서의 羲務와 制限
3) 官의 制限
8. 資源確保方案

第七章 參考資料目錄
Citation 
K V/B-12/II-fb DN , 335 p. ;
URI 
http://125.131.31.47/Solars7DMME/004/74東南亞國家聯合의外資導入政策_資源確保를爲한對東南亞地域民間投資案內.pdf
Language 
kor
Subject 
외자도입 - 동남아시아
Appears in Collections
09. 과거 발간자료 > 무공자료 > 1974

qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.