Browse

Browse

Browse

Detailed Information

東歐市場 :마켓팅가이드

Title 
東歐市場 :마켓팅가이드
Corporate Author 
大韓貿易振興公社
Issue Date 
1975
Publisher 
大韓貿易振興公社 (KOTRA)
Series/Report No. 
貿公資料; 14-38
Table Of Contents 
[지도]

머리말

Ⅰ. 東欧市場의 諸元

가. 基本 留意事項
1. 概要
2. 対東欧 交易의 必要性

나. 販売 展望 評価

다. 東欧市場 調査


Ⅱ. 東欧諸國의 經濟貿易動向

가. 蘇聯 東欧槪觀
1. 経済動向
2. 貿易動向

나. 國別經濟, 貿易動向
1. 불가리아
2. 체코슬로바키아
3. 東獨
4. 항가리
5. 폴란드
6. 루바니아
7. 蘇聯
8. 유고슬라비아

Ⅲ. 東欧諸國의 貿易管理

가. 貿易政策

나. 貿易管理制度

다. 貿易管理機構
1. 外国貿易省
2. 外国貿易公団(FTO)
3. 外国貿易銀行
4. 商業会議所(外国貿易会議所)


Ⅳ. 마켓팅 活動機構

가. 西方 代理店
1. 愼重한 選択
2. 西方代理店의 活動制限
3. 모스코바 駐在 西方代理人

나. 東欧国営代理店
1. 現況
2. 国営代理店의 機能
3. 代理人 雇傭 圧力
4. 代理店 契約의 締結
5. 代理人 契約 取消
6. 代理店 契約 手数料
7. 独占 代理人 雇傭
8. 独占 代理人 契約 手数料
9. 代理人에 対한 인센티브 提供
10. 用役 代理人 雇傭
11. 代理店 利用의 評価

다. 自社 販売陣
1. 現況
2. 中央販売事務所
3. 中央販売事務所의 組機
4. 組機의 基本方向과 性格
5. 多元的 販売活動
6. 販売員의 選定
7. 東欧 販売活動

라. 東欧駐在 支社
1. 非公認 事務所
2. 公認 事務所


Ⅴ. 対東欧 販売促進

가. 小極的인 方法과 積極的戦略

나. FTO와의 接近

다. 購売决定権者

라. 東欧 貿易博覽会 参加
1. 博覽会 参加의 成果
2. 参加의 当為性
3. 東欧 博覽会와 展示会 形態
4. 東欧 貿易博覽会
5. 專門展示会
6. 專門展示会와 東欧経済計劃
7. 博覽会 参加経費

마. 商社別 展示会
1. 展示会의 性格
2. 個別商社 展示会의 種類
3. 심포지움 主管
4. 参観者 選定
5. 国営広告代理店 活用
6. 商工会議所 活用
7. 商社別 展示会 経費
8. 最初 심포지움 開催의 成果
9. 消費財 展示
10. 科学 및 技術 相談
11. 工場 巡廻 심포지움

바. 対東欧広告
1. 東欧当局의 西欧広告観
2. 広告代理店
3. 郵便広告活動
4. 技術專門誌
5. 媒介体 選択
6. 広告의 効果
7. 消費財 広告
8. 郵便 広告

사. 販売促進戦略
1. 郵便広告 受取人 名簿作成
2. FTO의 同意取得
3. 最終需要者와 接近
4. 調査·開発研究所의 役割
5. 西方訪問 초청


Ⅵ. 販売契約 協商

가. 協商 過程
1. 東欧販売協商의 特性
2. 協商의 三段階

나. 入札勧誘
1. 概要
2. FTO와의 紐带関係
3. 投資計劃書의 取得
4. 販売提議의 内容

다. 東欧協商者
1. 一般事項
2. 協商調整者
3. 対東欧 協商戦略

라. 西方 協商者
1. 協商者의 地位와 序列
2. 協商과 販売의 劃一化
3. 対話의 限界
4. 言語使用
5. 協商戦略
6. 技術 및 商業協商
7. 約定文 作成
8. 基本 販売戦略
9. 協商妥結의 비결

마. 価格의 協商
1. 価格提示의 時期
2. 価格策定의 時限性
3. 利子率
4. 東欧市場과 価格의 相異性
5. 価格 対比
6. 販売価格 比較에 따른 問題
7. 割引의 認定
9. 턴키·플랜트의 価格算定
10. 인플레時의 価格 算定
11. 에스컬레이터 条項

바. 契約書 作成
1. 標準契約
2. 契約作成의 正確性
3. 契約의 署名
4. 書翰에 의한 契約締結
5. 契約의 修正
6. 契約 締結에 있어서의 함정
7. 船積 条件(Terms of Shipment)
8. 東欧의 輸入許可
9. 西方의 輸入許可
10. 検査와 引受検査
11. 技術文書
12. FTO와의 販/購買 契約에 있어서의 一般条項

사. 対東欧 技術者 派遣과 그 問題点
1. 契約作成의 留意事項
2. 人力確保
3. 인센티브 提供
4. 対 東欧 技術者 派遣에 따른 留意事項
5. 東欧技術者의 対西方 派遣訓練

아. 保証 및 罰則
1. 引渡 保証
2. 性能 또는 工程 保証
3. 保証移行의 開始
4. 保証移行과 에프타 서비스
5. 部品供給
6. 計劃変更 또는 修正
7. 対東欧 下請契約
8. 罰金条項
9. 賠償額
10. 契約의 取扱
11. 不可抗力
12. 罷業

자. 商社仲裁
1. 東欧 仲裁委員会
2. 㐧3国을 通한 仲裁
3. 特別 仲裁機構
4. 西方의 仲裁節次
5. 東欧의 仲裁節次
6. 法律의 選択
7. 仲裁 経費
8. 商社仲裁의 実態


Ⅶ. 東西貿易決濟

가. 売者信用
1. 販売協商과 決済条件
2. 東欧企業의 信用度
3. 売者信用의 形態
4. 信用狀
5. 書類 償還払
6. 換어음
7. 中·長期 信用
8. 条件 및 期日
9. 西方駐在 소련 保險会社

나. 어음의 割引과 保証
1. 어음의 割引과 保証過程
2. 東欧 어음의 特徴
3. 保証手数科
4. 西方 輸出商의 保証利点

다. 買者信用

라. 스위치·바아터貿易去来의 現況과 展望
1. 沿革
2. 現況
3. 問題点
4. 利用現況
5. 最近의 傾向
6. 淸算
7. 割引料
8. 決算方法
9. 清算帳簿残額
10. 区分方法
11. 注意事項
12. 各国의 現況

마. 賃貸 去来
1. 賃貸去来의 現況
2. 対 東欧 賃貸 進出 展望
3. 問題点
4. 賃貸可能品目

바. 対 東欧輸入 決済条件


Ⅷ. 經濟協力과 合作投資

가. 概況

나. 経済協力의 形態와 種類
1. 協力의 形態
2. 工場 또는 施設財 引渡에 対한 支払
3. 連結生産과 專門化
4. 販売協力
5. 프로젝트 協力
6. 製造와 下請契約
7. 経済協力 協定 締結 協商

다. 合作投資協定締結協商
1. 西方所有権에 対한 制限
2. 経営管理
3. 労動者委貝会의 役割
4. 5個年 経済計劃과의 関係
5. 利潤分配
6. 通貨
7. 西方職員의 待遇
8. 其他 協商対象

라. 東欧諸国의 合作投資法 比較
1. 유고슬라비아
2. 루마니아
3. 항가리

바[마]. 経済協力 또는 合作投資의 促進
1. 契約移行上의 問題点
2. 引渡遅延 및 低質部品供給

바. 政府間 経済協定의 役割
1. 経済協定의 役割과 機能
2. 合同 委員会

사. 㐧3国에서의 合作投資

아. 東欧諸国의 合作投資法 概要
1. 所有条件
2. 経営
3. 利潤
4. 任職員
5. 租税
6. 保証
7. 紛争
8. 期間


Ⅸ. 附録
〈1〉東欧諸国의 主要経済指標
〈2〉東欧諸国의 換率
〈3〉東欧諸国의 対西方交易現況
〈4〉코메콘諸国의 商品類別 專門化現況
〈5〉東欧諸国 貿易어음의 割引과 保証專門業者 名単
〈6〉国際바아터 스위치去来所 名単
〈7〉東欧国営代理店名単
〈8〉東欧諸国의 金融機関名単
Citation 
K II/B-0921/XIII-b DG , 341 p. ;
URI 
http://125.131.31.47/Solars7DMME/004/75東歐市場_마켓팅가이드.pdf
Language 
kor
Subject 
시장조사 - 동구
마케팅 - 동구
Appears in Collections
09. 과거 발간자료 > 무공자료 > 1975

qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.